プロフィール

ふみゃーす

Author:ふみゃーす
名古屋在住の中小企業診断士。

- 略 歴 -
1973年名古屋生まれ
数学と美術が得意な中学生
高校ではバンド、演劇など
高校中退、大検取得
東京の大学で美術史を学ぶ
CGや映像系の仕事
名古屋に戻り、
家業の立て直しに協力
中小企業診断士取得
現在は、
WEBマーケティング専門

趣味は、散歩と昼寝とアクアリウム。

似顔絵イラストメーカー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★★★☆☆

書いてあることは、
なるほど使えそうです。

でも、実践で応用するとなると、
何度も見返して訓練が必要でしょう。

まずは何より、
モテたい!という情熱が必要かも(笑)。

スポンサーサイト


★★★★☆

世界で起きている、
石油をめぐる対立について
書かれた本。

アメリカやロシアなど、
各国が、それぞれの立場から
世界との関係をどう見ているかを
書いていて面白い。

ジャーナリストのセンスが光る本です。



★★☆☆☆

ちょっと文章が堅すぎて、
私には重かった。

学者の方には相性が良い本かもしれませんが、
ビジネスマンにはどうかな?と思います。




目の前にあるものをすぐに取りに行かない。
これが男の品性と、伊集院静さんが言っています。
ダイレクトマーケティングで、
ステップを踏んでいきなり売らないというのと
似てる気がします。

とまぁ、あんまりまじめに考えるのも
つまらないかなぁと思いました。

民族学者石毛氏の、
「人生は消費の時間、結果として残ればいい」
という感覚、すばらしいと思います。


~~~

目の前にあるものを
すぐに取りに行かない
それが品性

ホリエモンには品性がなかった。
だからあんなに叩かれた。

伊集院静
奥さんがまじめな人だったので、
まずいと思い、先に慰謝料を払った
つまり、借金して犬を飼える家を
プレゼント

伴侶というのは、
がけっぷちで岩がぐらぐら
どちらかが死ななければならないときに、
まぁ世話になったなって命を落とせるってこと

~~~

身銭を切るとモテる?

会社の経費じゃなくて、
自分のお金を女に使え

量ではなく質で勝負

女には伝わる


~~~

顰蹙(ひんしゅく)を買う

かっこいい男になる条件は
顰蹙を買うこと

人の評判を気にするようでは駄目

品性さえ確立さえていれば
何をやってもOK

矛盾した強い印象


~~~

自分の都合

自分で稼いだ金は
自分で使う
死ぬときは綺麗にゼロに

リバースモーゲージで
老後資金を
持ち家の担保にお金を借りる


~~~

永井荷風

一生女に明け暮れた
晩年は娼婦ばかりを相手に

人間の哀しさ、美しさ
行間の美


~~~

男は口が堅いのがモテる条件

男の理想は良き妻がいて、
家庭を破壊しない恋愛相手がいること

恋愛は緊張感、
結婚は安心感

恋愛から結婚へつなげないほうがいい
緊張が緩んで本性が出てくるから


~~~

男はなんだってしてくれる
でも一つだけ、してくれないことがある。
それはずっと愛し続けてくれること。


~~~

モテようと思わないことが
モテるための大原則

モテようとするから媚びたりする

自分スタンダードを貫け


~~~

自分なりの美学

「絶対にこれだけはやらない」
「人が何と言おうともこれだけは守る」


~~~

食物民俗学?の石毛さん

人生は何かを達成するための生産の時間ではなく、
面白いことをするための消費の時間
結果として何かが残ればいい

うつつを抜かす


~~~

雑誌 ランティエ
不良であることの7か条

1.自由でヤンチャで無頼なるもの
2.文化的素養を持つもの
3.お洒落でわがスタイルをもっている
4.色香を持ち、女にうっとりもされなければ
5.破滅性をはらんでいる
6.少年っぽさ
7.都会的でやさしさを持ち合わせている


~~~

ホモルーデンス
人間は遊ぶ人






久しぶりに、
自分にとっては小難しい本を読みました。

~~~

人類が生き残るためには?

人類は叡智を持つ。
その叡智によって生き方、文明の質を変え、
地球システムが持つ負のフィードバックを
人類がコントロールすることができると
考えることができる。

現代は、人類が地球を所有しはじめた。
自己の欲望を満足させる時代。

日本の江戸時代はリサイクルが徹底していた。
地球と調和する社会を作るのに参考になる。

人は死ねば、分解され地球に戻るだけ。

レンタルの思想は、リアルな世界での
貸し借りのバランス。大きさは有限。

人間圏の拡大をいかにして停止させるか。

~~~

人はなぜ利潤を追求するか?

貨幣をほしがるのは、可能性そのものを
ほしがること。限界がない。
欲望のインフレーション、資本主義。

貨幣は人間関係をグローバル化する。
知らない人同士でも交換可能。

インターネット資本主義。
貨幣、資本主義というものが、
実態的な根拠を必要としないことの現実的な証明。

~~~

現世人類には、
おばあさんが生存できる、言語能力が高い、
という特徴がある。
この特徴が、短期間での繁栄をもたらした。

高い言語能力が、抽象思考を、そして
共同幻想をもたらし、地球規模の人間圏を
作り出すこととなった。

~~~

聖地には石切り場が多い。
地層は地球の歴史。
宗教の誕生の背景は、現世の生き方への危機対策
という意味があるのか。

~~~

脳は1個の神経細胞でもカオスを出す。
カオスの神経ネットワークモデルでは、
連想の性質が自然に出てくる。

カオスやフラクタルは無限性を内在。
カオスが世界を豊かにしている。

~~~

時空スケールを変えて見ることの斬新さ。
自分の頭で考え、自分の世界観を持たない限り、
自分はここにいる意味はない。

今やっていることに感動できる人は、
問題を作る能力がある。

インターネットは、
リンク、フラット、シェアという特徴がある。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。